韓国の伝統〜塀



観光客で賑わう町の通りの角をふと何気なく曲がってみると、思いがけず風情ある路地に出会うことがよくあります。
町の喧騒とはかけ離れ一瞬にして時がとまったような佇まいの風景…以来、石畳の路地を見つけると自然に入り込んでしまうようになりました。


昔の面影が残る小さな町の路地は見ごたえ十分。細い道をどんどん奥へ歩いていると花の手入れをする住民の人にばったり…キョロキョロあちらこちら眺める姿に怪訝そうな顔をされることもありました。見ていて本当に飽きないのです。石、レンガ、文字や模様…土俗的で独特な装いをまとったデザイン豊かな塀。日本ではこのような塀に遭遇することはなかなかありません。
素晴らしい塀に出会うと両手を広げ触りたいという衝動にもかられてしまいます。
そう、お目当ては「塀」なのです。歴史の香りが今だ残り修繕を繰り返し保存された伝統塀をご紹介します。



「塀」…本来の意味は家や敷地などにおいて、他との境界に設置する囲いのこと。
朝鮮半島でのはじまりは狩猟時代から農耕社会に移り人々が定着するようになったころのことと中国の古い文献に記されています。
畑を耕し作物を収穫する生活様式へと変わり収穫の備蓄場所が必要になります。獣やあらゆる外敵から人と備蓄物を守るために建築されました。


長い歴史と共に形状が変化し、地域や身分によっても材料や構造(高さ)も異なります。

レンギョウやカラタチの木を植えて塀に見立てたり、木の枝をたてかけ並べたり、竹や丸太・板といった簡素な初期の塀。そして積み上げただけの武骨な石の上に藁葺や瓦をのせる石塀へ。次第に組積造へと変化していきます。土壁に種類の異なる石や瓦を配し下部は玉石張りにしたミックスの構造。また石と石の間に瓦を挟んだりレンガ・石・丸い石を規則的に配列し日月星辰(太陽・月・星)を表すなど様々なアイデアで造られる塀はひとつとして同じものがありません。

 



きちんとキューブ型に加工された御影石の周囲に目地を入れ整然と配列された塀は上流階級によく見られます。雲峴宮や景福宮、有名な寺院の塀。おおらかで素朴で素晴しいのです。どこまで続くのかしら…と思う長さや高さは権威の象徴です。

 



ソウルの安国や北村ではひときわ華やかに装飾された伝統塀を見ることができます。


 

 

 



「花草塀」といわれ石やレンガ、瓦片でさまざまな文様が描かれています。
「壽」「福」「富」「多男」などの文字、鹿や鶴・鳳凰の動物、多産を意味するざくろや菊や蘭・松竹梅といった植物、亀甲・卍・菱形の幾何学模様、不老長生を願う十長生の文様…朝鮮時代の多くの両班たちが好んだ花草塀には当時の人々の豊かな発想がうかがえ見ていても楽しいのです。


 



韓国の伝統塀を日本でもご覧いただける2か所の公園と店舗をご紹介します。
横浜・鶴見にある三ッ池公園は桜の名所としても知られる神奈川県立公園です。
そこに1990年、神奈川県と韓国・京畿道との友好提携を記念して作られた「コリア公園」という名称の庭園があることを知りました。広さ5,000平方メートルの敷地に朝鮮時代の地方の両班のすまいと庭園が再現され石塀・土塀・土と石塀、そして花草塀も見られるとのことです。また静岡県熱海市の熱海梅園の一角にも韓国庭園が造られ見事な土塀が見られるようです。



   



そして京都・烏丸御池には韓国の香り漂う素晴らしいカフェがございます。カフェ「素夢子 古茶家」。こちらの店の周囲にも低い石塀が造られています。


暮らしが息づく町の塀にはなんともいえない趣を感じます。
特に朝鮮時代の両班たちがこぞって作り上げた伝統塀の雅やかな文様にはひとかたならない思いと情熱が込められています。日本の武家屋敷によく見られる土塀は飾り気がなく質朴さを感じ韓国の伝統塀と相対し興味深いです。境界や防衛という役割をこなすだけでなく吉祥の願いがこめられたり威厳をしめしたり…もしかしたら通る人も楽しませようと思ったのかもしれません。
当時の人々の造形意識の高さを感じると同時に、古の住まい手の人柄をあれこれ想像するのも楽しい作業です。 


 



どうぞ渡韓されました際には路地に迷いこんでみてください。
北村はもちろん西村、三清洞、苑西洞、桂洞…韓屋がまだまだ残りタイムスリップしたかのような街並みには素晴らしい伝統塀が残っています。
なるべくおしゃべりは控えられゆっくりじっくり…。
機会ございましたら。



 
  • banner
  • banner
  • banner

よみもの

商品検索




  • banner
  • groupbanner
  • fraubanner
  • fraubanner
  • fraubanner

お買い物ガイド

お支払い方法
  • クレジット
    引き落とし時期はクレジットカード会社により異なります。
  • 銀行振込
    ご注文後、5日以内にお振込ください。
    お振込確認後、商品を発送いたします。
  • 前払いコンビニ決済
    商品代金や配送料とは別に以下の手数料がかかります。

    2,000円未満 130円/回
    3,000円未満 150円/回
    4,000円未満 180円/回
    4,000円以上 200円/回

    「注文する」ボタンを押された後にコンビニエンスストアをお選びいただく画面が出てまいります。ご選択後完了となります。

    お客様のアドレスに決済会社よりメールをお送りいたしますのでそのメールに記載のお支払い方法に沿ってお支払いください。お支払い確認後、発送準備となります。
  • 商品代引き
    一律360円(税別)

    商品到着時、配達員に商品代金+送料+代引き手数料をお支払いいただきます。
お支払いについての詳細はこちら
配送について
  • [ 宅配便 ]

    本州・四国・九州 一律 527円(税別)

    北海道・沖縄・離島は別途636円(税別)かかります。

    10,000円(税別)以上お買上げで送料無料

    ■大型の商品についてはヤマト運輸の家財宅急便での配送になる場合がございます。詳細は各商品ページをご確認ください。
    ■商品及び商品点数によっては郵送となる場合がございます。
  • [ メール便 ]

    全国一律300円(税別)

    10,000円(税別)以上お買上げで送料無料

    ■ポスト・荷受け・新聞入れ 等に投函・配達するサービスです。
    ■ポスト投函後の「紛失」「盗難」「水濡れ」「破損」などの補償はありません。
    ■規定サイズ(A4サイズ、厚さ3センチまで)の範囲内の商品でしたら、同梱可能となります。
    ■メール便対応可能…商品を複数ご注文の際、組み合わせにより規定サイズを超えますと【宅配便】へ変更となる場合がございます。(その際はご注文を一時保留とさせていただき、当店より改めてメールにてご案内をさせていただきます。)
    ■ご自宅の郵便受けへの投函となりますので、代金引換はご利用いただけません。
送料・配送についての詳細はこちら
不良品・返品について

商品に破損、ほつれ等の欠陥がある場合を除いて、返品をお受けすることができません。 商品が不良品の場合、または万が一、不良品が発見された場合は交換させていただきますので商品到着後7日以内に、メールにてご連絡ください。
また、当店では一部の商品につきまして天然素材を使用した商品や陶磁器・ハンドメイドの商品など、製品によって個体差が生まれる商品を多く取扱いさせて頂いております。入荷する商品はメーカーおよび弊社での検品基準をクリアした良品の範囲内となります。また印刷のかすれや色味が写真と異なる場合がございますが、 全て制作者の意図によるものですので返品対象外となりますことをご了承ください。

不良品・返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
  • お問い合わせの際は以下までご連絡ください
  • MAIL: shop_info@plus-han.com