花の名前[1]ムグンファ




韓国では街のあちこちに花屋さんを見かけます。
日本に比べて花の価格がかなり安く、気軽に花を贈る習慣が定着しているんだそうです。

誕生日や卒業などの行事をはじめ友人宅へ訪問するときなど、折に触れて花を贈ります。カップルにおいては…それはそれは数多くの節目の記念日に、男性から女性への愛情表現として豪華なラッピングがされた花束が贈られます。
うらやましい限りです…


ムグンファという花をご存知でしょうか。
韓国の国花で、日本の桜のような位置づけで韓国人の花として愛されています。



無窮花(むくげ)ともいわれるムグンファは古くから全域に広く分布し、7月から10月にかけて白・ピンク・赤・紫の花を咲かせハイビスカスにも少し似た美しい花です。

受難の時期を乗り越え、太古の昔より民族とともに生育したムグンファ…
いくつかのエピソードをご紹介します。


韓民族の始祖とされる檀君が古朝鮮を設立したとき、まさにムグンファが初めて咲き中国ではムグンファの国と呼ばれていました。また李氏朝鮮の時代には科挙の合格者に対して国王がムグンファを授与、臨席する宴会においても壺に飾られたのです。

そして、1907年ごろ…

国歌として作られた「愛国歌」の詩の1節にもムグンファの言葉が入り、国の花として正式に位置づけられました。

무궁화 삼천리 화려강산 むくげの花 三千里 華麗な山河

無窮花…つきることがない  早朝に花開き、その日の夕方には散るのですが全体から見ると次々に散っては咲き、散っては咲きを繰り返すので何日も咲き続ける印象です。困難な時期を過ごす当時の人々は粘り強く、休みなく咲き誇るそのムグンファの姿に国と自身を重ね合わせたそうです。



日本でのムグンファについて知りたくなりました。
木槿(むくげ)と表され奈良時代に中国から渡来したといわれます。
安土桃山時代の華道の文献においては1日で散りゆくことから生命の儚さや人の世の栄華にたとえられ、凶木・縁起の悪い花と記されています。しかし時の流れにつれ漢方の生薬として効能が評価されることから次第に忌まれる存在ではなくなっていくのです。
侘び寂びの茶道の世界ではその短命さゆえ「一期一会」の精神になぞらえ好意的に捉えられ、夏の茶花として茶室に置かれました。また俳句の世界では秋の季語として俳人・松尾芭蕉が好んで使っています。



花言葉は「信念」「デリケートな美」

余談ですが韓国の子供たちが「무궁화 꽃이 피었습니다(ムクゲの花が咲きました)」と遊んでいるのを見かけますが、これは日本の「だるまさんが転んだ」なんだそうです。微笑ましい光景です。
5つ星に代わるランク付けのアイコンや勲章のモチーフにもムグンファは使われていることなど…民族の花として愛される花だということがわかります。

長い歴史の中、人々を見守り励ます高潔の花・ムグンファは日本でも趣のある花とされ多くの場で愛でられています。

日本と同様、はっきりとした四季のある韓国。
それぞれの季節に美しい花が咲き誇ります。 またご紹介させてください。




お買い物ガイド

お支払い方法
  • クレジット
    引き落とし時期はクレジットカード会社により異なります。
  • 銀行振込
    ご注文後、3日以内にお振込ください。
    お振込確認後、商品を発送いたします。
お支払いについての詳細はこちら
配送について
  • [ 宅配便 ]

    本州・四国・九州 一律 500円(税別)

    北海道・沖縄・離島は別途1,000円(税別)かかります。

    10,800円(税込)以上お買上げで送料無料

    ■大型の商品についてはヤマト運輸の家財宅急便での配送になる場合がございます。詳細は各商品ページをご確認ください。
    ■商品及び商品点数によっては郵送となる場合がございます。
送料・配送についての詳細はこちら
不良品・返品について

商品に破損、ほつれ等の欠陥がある場合を除いて、返品には応じません。 商品が不良品の場合、または万が一、不良品が発見された場合は交換させていただきますので商品到着後7日以内に、メールにてご連絡ください。
また、一部の商品についてはひとつひとつ手作りで制作しております。
そのため、印刷のかすれや色味が写真と異なる場合がございますが、 全て制作者の意図によるものですので返品対象外となりますことをご了承ください。

不良品・返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
  • お問い合わせの際は以下までご連絡ください
  • MAIL: shop_info@plus-han.com