花の名前[4]ケナリ






4月になりました。
開花情報に耳を傾け桜前線をチェックし、心待ちにした長い冬が嘘のよう…
人々はこぞって各地の名所に足を運んでいます。
新しくスタートする区切り。期待に膨らむ気持ちや異なる環境での不安な気持を桜の花に重ねあわせ、この短く美しい時を過ごしているのですね。


長く厳しい冬を終えた韓国・ソウルにも新しい季節がやってきました。
景福宮や昌徳宮、昌慶宮の韓国古宮では桜・梅・すももの花が次々に咲き誇り、雅やかな絵巻のような風景に出会うことができます。
そして街中では鮮やかな黄色のケナリの花が春の訪れを告げてくれています。





「개나리 ケナリ」

英語で「Forsythia koreana」、日本名はチョウセンレンギョウ。
弓なりの長い枝から下向きに垂れた4枚の黄金色の花びらを持つ小さな花々。
つかの間咲き誇り小さな緑の葉が見え始めると花びらはハラハラと舞い落ちるのです。


かぐわしい香りも派手さもないケナリ。
日本では短く切られるそうですが韓国では長いままに伸び放題、野山や公園などでよく見かけられます。
病虫害にも強く地方では家の垣根として好んで植えられています。


4月6日・7日には鷹峰山(ウンボンサン )ケナリ祭りが開催されます。
鷹峰山は標高94メートルの低い山。軽装で登れるゆったりとしたハイキングコースです。
山頂から漢江を見下ろすと山肌を覆うケナリの黄色いカーペットが一面に広がり春の人気スポットになります。
またソウル・龍山(ヨンサン)駅から龍門(ヨンムン)駅を結ぶKORAIL中央電鉄線の車窓から見るケナリも見事な光景です。


うららかな春の日に桜をゆったりと愛で花見を楽しむ日本ですが、残念ながら現在韓国では黄砂による「PM2.5(微小粒子状物質)」が深刻な問題となっています。

大気の中に含まれる目に見えない汚染物質。咳や目のかゆみ・アレルギーや喘息の症状から感染性疾患や心血管疾患をひきおこすと言われ、特に乾燥し強風がひどい日には学校が臨時休校になる場合もあるほどです。
防塵レベルのマスクで顔をしっかりガード…春を楽しむ…それどころではないのかもしれません。


でもでも
たくましく大気汚染にも強く自生するケナリの花です。
西風から強い風が吹かない日を選んで
桜とはまた違った鮮やかな韓国の黄色い春をどうぞ楽しんでください。




 
  • banner

商品検索




お買い物ガイド

お支払い方法
  • クレジット
    引き落とし時期はクレジットカード会社により異なります。
  • 銀行振込
    ご注文後、5日以内にお振込ください。
    お振込確認後、商品を発送いたします。
お支払いについての詳細はこちら
配送について
  • [ 宅配便 ]

    本州・四国・九州 一律 500円(税別)

    北海道・沖縄・離島は別途1,000円(税別)かかります。

    10,800円(税込)以上お買上げで送料無料

    ■大型の商品についてはヤマト運輸の家財宅急便での配送になる場合がございます。詳細は各商品ページをご確認ください。
    ■商品及び商品点数によっては郵送となる場合がございます。
送料・配送についての詳細はこちら
不良品・返品について

商品に破損、ほつれ等の欠陥がある場合を除いて、返品には応じません。 商品が不良品の場合、または万が一、不良品が発見された場合は交換させていただきますので商品到着後7日以内に、メールにてご連絡ください。
また、一部の商品についてはひとつひとつ手作りで制作しております。
そのため、印刷のかすれや色味が写真と異なる場合がございますが、 全て制作者の意図によるものですので返品対象外となりますことをご了承ください。

不良品・返品についての詳細はこちら
お問い合わせ
  • お問い合わせの際は以下までご連絡ください
  • MAIL: shop_info@plus-han.com